太陽光発電とは?

太陽光発電とは太陽の光で発電する再生可能エネルギーの事です。農地に太陽光発電機を設置するソーラーシェアリングなどで注目されています。

家庭用と産業用の太陽光発電の違い

産業用太陽光発電とは

再生可能エネルギー事業としてのソーラーシェアリングは産業用の太陽光発電システムを使います、畑に支柱を立て大きな屋根のようなパネルを設置します。

家庭用太陽光発電との違い

家庭用の太陽光発電は再生可能エネルギーを使用することは同じですが、ソーラーシェアリングほど大規模ではなく、屋根の上にパネルを設置して電気を発生させ自家用で使用できます。

長い目で見ると産業用がオススメ!

家庭用太陽光パネルよりも再生可能エネルギー事業としては産業用のソーラーシェアリングの方が長い目で見るとおすすめです。

ソーラーシェアリングの導入基準ランキング

太陽光発電
no.1

設備を導入する十分な資金があること

ソーラシェアリングによる再生可能エネルギー事業の参入にはまとまった資金が必要となります。銀行では融資されにくいという話もあるのでまずはしっかりと資金を用意しましょう。

no.2

ずっと農地として使用すること

ソーラーシェアリングによる再生可能エネルギー事業へ参入するには「農地であること」が絶対条件です。休耕地では参入できませんので注意してください。

no.3

農作に適した日照量を確保していること

ソーラーシェアリングは農地で営農しながら再生可能エネルギーを作り出す事業です。日照量が足りずに農作物が育たなけれ権利はなくなるので日照量は確保しましょう。

no.4

パネルの下で適切な営農がおこなわれること

再生可能エネルギーでソーラーシェアリングをする場合は、パネルの下で適切な営農がおこわなわれている事が条件となっています。

no.5

周辺の農地に迷惑のかからないようにすること

ソーラーシェアリングで設置するパネルは大きなものです。近隣の農地に迷惑をかけない条件で再生可能エネルギー事業に参戦しましょう。

[PR]
エスコシステムズの特徴を解説
会社の省エネ対策を相談☆

新たな太陽光発電のカタチ!農地が使えるソーラーシェアリング

作業員

再生可能エネルギーとは?

再生可能エネルギーとは火力や原子力など従来の発電方法に頼らず、自然に帰化するエネルギーで電気を生み出すものです。ソーラーシェアリングによる太陽光発電をはじめ、風車で電力を発生させる風力発電、地熱発電やバイオマス発電など様々な方法があり、各地で導入が進められています。

男女

ソーラーシェアリングを導入するメリットは多い?

再生可能エネルギー事業の例としてソーラーシェアリングを導入している農地が増えています。ソーラーシェアリングは農地を利用し、営農と発電を両立させる太陽光発電です。産業用のパネルを使うので家庭用よりもたくさん電気を作る事が可能です。農業をしながら電気も作れるということで話題になっています。

[PR]
再生可能エネルギーの情報を公開中!
新しい事業をはじめよう

ソーラーシェアリング導入で気になること

ビル

ちゃんと収益は出るのか

ソーラーシェアリングは再生可能エネルギー事業に参入しながら農家も両立させる事が条件です。日照量に合わせた農作物を作るなどの成功例もあります。

メンテナンスは必要か

再生可能エネルギー事業でソーラーシェアリングのパネルを導入した場合、こまめなメンテナンスは必要ありませんが、長く使うためには定期的なメンテナンスが必要です。

どのような作物が向いているか

再生可能エネルギー事業でソーラーシェアリングのパネルを導入する場合、向いているのは半分日陰で育つ小松菜やホウレン草などの葉物です。

日照時間の少ない地域はどうなるのか

ソーラーシェアリングは太陽光パネルですので日照時間があるほど電気が作れます。再生可能エネルギー事業として参入するならば日照時間が影響しますので自分の地域が向いているか調べましょう。

身内に相続はできるのか

再生可能エネルギー事業に参戦し、ソーラーシェアリングがうまくいった場合相続は可能です。専門家に相談しましょう。

[PR]
ビルの省エネ効果!
色々提供してくれる

広告募集中